FC2ブログ

今日のできごと

本日は、ガットを張る仕事ではなく、来客者との会話を主に一日が終わりました。

別のスポーツからテニスに変更される方の相談に始まり、テニスから別競技に変更される方の相談。

そして大阪、東京からも。

県内、外問わず沢山の方とお話しが出来てとても楽しく一日が終わりました。

来てくださった皆様、充実した時間をありがとうございます。

明日へのエネルギー充電が出来ました。
後しっかり寝るだけです。

おやすみなさい。

STAP細胞

凄い騒ぎになっていますね。

みなさんはどう思いますか?

僕は本日、でっち上げと判断しました。

僕のお店に来るお客様で、つい先日までIPS細胞を作っておられた方がいます。
今日、たまたま寄ってくれてお話を聞くことが出来ました。

200は成功していると言っておられましたが、彼女がこの仕事に携わってからの年数を逆算したら直ぐわかるそうですよ。

細胞が出来るまでの最短期間は3日だそうです。

しかも産まれて間もないマウスを試用するので少なくとも一つの細胞が出来るまでに一週間はかかるはずだろうと言っておられました。

と言うことは、単純に計算したら一ヶ月で4つ
一年間で・・・

と言う事で証明は極めて難しいと言っていました。(かなりオブラートに包んで書き込んでおります)

その方はこんな事に時間を費やしていることが無駄だと訴えておりました。

ドサ回り

おはようございます。
昨日は車に乗って隣町の学校に行きガットを張らしていただきました。
ストリングマシーンを車に積みこみ、いざ!

キーを差し込みイグニッションを・・・・・

イグニッションを・・・・・?


イグニッションを・・・・・?


エンジンがかかりません。

バッテリーがやられていました。

正月休みからあまり乗っていなかったせいかまるで動く気配なし。

大至急車屋さんに来てもらいました。

そしてただ今新品のバッテリーに交換中。

なんとスピーディーな業者でしょう。毎度毎度助かります。

ありがとうございます。

最近目が悪くなってきて、車中での作業がしっくりこないのです。

次は社内の照明を考えてみよう。

昨日張っていただいたプレーヤーの皆さんが良いプレーが出来ますように。

それから、差し入れでいただいたコーヒー。

おいしかったです。

ありがとうございます。

プレーヤーのレベル

皆さんこんにちは。

今回はプレーヤのレベルについて書き込みます。

全豪オープン真っ只中です。日本人プレーヤーの活躍もちらほら見られています。

しかし、今一歩世界に通用していないのが現状ですね。

何故?

原因は様々ですが、まず第一に挙げられるのが

コーチング

世界がどのような動きをしているのか、どのような取り組みをしているのかを知らないコーチが大勢いらっしゃる事です。

二番目に挙げられるのが。
環境

世界を経験してきた方がプレーヤーにきちんと伝えるという環境がないこと。

三番目が一番大切
発想

育成する側の発想力が乏しい。

そしてこれらを踏まえて、

日本人は中々世界で通用しないという前提の下に話を進めてしまうこと。


全ては決めつけから話が始まっていることです。

これがプレーヤーのレベルを低下させている原因です。

少し考えるだけで山ほどいい案がでてくるのになぁ・・・・。





大型量販店VS小売店

さて、そろそろ決算・確定申告でみなさんどたばたと忙しくなるのでは・・・?

申告が終われば増税準備と大忙しとなることでしょう。

実は僕も去年の年末からさんざん悩んできました。

が、僕の場合たまたま良いヒントが目の前に落ちていたので増税に関して言えば、2月中に型にはめてしまえばあとは年度初めを待つのみといったとこでしょうか。

消費者の方にも僕にもちょっとだけの痛手で済む方法です。

もともと僕には技術というものを習得していたから役に立ちました。

これからの小売店はその技術をもっとコアに考えて、各小売店のジャンルにあった技術を週時していかないといけません。

しかしこの技術、いずれは大型量販店も習得していくことになるでしょうね。

我先に習得をし、大型店が習得する時には太刀打ちできないくらいのスキルを身に着けてしまえばよいことです。

ヒントは
見えないところでコラボレーション

ですかね。


プロフィール

JACK店長

Author:JACK店長
田中 貴史(たなか たかふみ)

職業
ストリンガー&RSA(ラケット・ストリングアドバイザー)

テニス
世界四大大会の全仏・全豪オープンにストリンガーとして参加。

参加するだけに止まらず、ガット張りの技術が評価され、プレーヤーから支持を受ける。

中でも、世界ランキング2位のM・チャンからは完全指名で彼のラケットを担当する。

後に日本でも話題となり、NHKテレビ「青春探検」でドキュメントとして取り上げられる。

その後、様々な大会でストリンガーとして参加し、最高のパフォーマンスを演出させる裏方として活躍した。

こうした活動と平行してTV、ラジオ、新聞での露出を積極的に取り組み、ストリンガーのステータスをアピールしてきた。

2001年にステータスの証であるガット張専門店「ストリングハウス ティースポット」をオープン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR