FC2ブログ

お客様からの質問

今日、お客様からこんな事を質問されました。

テニスのラケットにガットを張っている時の事です。

バトミントンのラケットにもガット張るんですね。

もちろんです。ストリンガーですから。

これは僕のこだわりかもしれませんが、どのラケットにもガットを張れてこそ真のストリンガーと言えるのでないでしょうか。

僕のお店に来られるお客様の数%は必ず感心してくれます。

僕からすれば当たり前です。

とかく、硬式テニスだけのガットを張ってストリンガーと名乗られている方が大半です。

硬式テニス・ソフトテニス・バドミントン・その他、僕はガットを張ってくださいと言われれば必ず張ります。

以前こんな出来事がありました。

ガットを張る側の人が、

このラケットはウチでは張れないので僕のお店へ行って下さい。

だそうです。詳しく聞いたらラケットは断られたお店から購入したそうです。

僕は構わないのですが・・・

僕は何度も何度も失敗して、それをバネに仕事のクオリティーを上げてきました。

時にはお客さんのラケットが犠牲になった事もあります。

そのお陰で、ラケットと会話し、ガットと会話する事が出来るようになりました。

ガットを張っている時は凄く楽しいです。

なぜなら、同じラケットでも毎回コンディションが違うからです。

これって凄くないですか!?

低迷する日本のストリング技術に歯止めをかけたいものです。



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
プロフィール

JACK店長

Author:JACK店長
田中 貴史(たなか たかふみ)

職業
ストリンガー&RSA(ラケット・ストリングアドバイザー)

テニス
世界四大大会の全仏・全豪オープンにストリンガーとして参加。

参加するだけに止まらず、ガット張りの技術が評価され、プレーヤーから支持を受ける。

中でも、世界ランキング2位のM・チャンからは完全指名で彼のラケットを担当する。

後に日本でも話題となり、NHKテレビ「青春探検」でドキュメントとして取り上げられる。

その後、様々な大会でストリンガーとして参加し、最高のパフォーマンスを演出させる裏方として活躍した。

こうした活動と平行してTV、ラジオ、新聞での露出を積極的に取り組み、ストリンガーのステータスをアピールしてきた。

2001年にステータスの証であるガット張専門店「ストリングハウス ティースポット」をオープン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR