FC2ブログ

試打ラケットについて。

皆さんもご存じの通り、各メーカーが、各大会のイベントやら、ショップでの販促協力などで商品の売り込み目的で多数の試打ラケットを用意しています。

会場で実際にラケットを使用して感触が良ければ即注文といった行為も多々見かけます。

しかし、実際に手元にきたラケットを使用してみると・・・・

バランスは違う、打った時の打球感は違うはでまるで別のラケットを使用しているみたい。

と言ったような事件をよく耳にします。

何故このような現象が起きてしまうのか!?

1・試打ラケットは一番良いバランスでチョイスしています。

2・その試打ラケットは何時ガットを張りましたか?

3・ガットの種類は?

と問題点を上げればキリがありません。

僕はメーカーのスタンスの取り方に疑問を感じます。

本当にラケットを売りたいのなら1年前に張ったようなラケットを試打ラケットとして貸し出しをしていいものなのでしょうか?
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
プロフィール

JACK店長

Author:JACK店長
田中 貴史(たなか たかふみ)

職業
ストリンガー&RSA(ラケット・ストリングアドバイザー)

テニス
世界四大大会の全仏・全豪オープンにストリンガーとして参加。

参加するだけに止まらず、ガット張りの技術が評価され、プレーヤーから支持を受ける。

中でも、世界ランキング2位のM・チャンからは完全指名で彼のラケットを担当する。

後に日本でも話題となり、NHKテレビ「青春探検」でドキュメントとして取り上げられる。

その後、様々な大会でストリンガーとして参加し、最高のパフォーマンスを演出させる裏方として活躍した。

こうした活動と平行してTV、ラジオ、新聞での露出を積極的に取り組み、ストリンガーのステータスをアピールしてきた。

2001年にステータスの証であるガット張専門店「ストリングハウス ティースポット」をオープン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR