FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日の事。

これは先日、お客様に送ったメルマガです。




<テニスのガットについて考える。>

硬式テニスで非常に良く流行っているポリエステル素材のガット。


日本にはおよそ20年位前に入ってきたかと思います。


そのころから徐々に勢力を増してきました。そして1990年後半、


一気に日本のガット市場をひっくり返しました。


今では当たり前に張っていますが、実はデメリット(一般プレーヤーからの視点です)の方が多いのです。


僕がグランドスラムにストリンガーとして参加していた時、プレーヤーが言っていました。


「ナチュラルガットと同じフィーリングだ」と。


ナチュラルガットとは羊、牛の腸(今は殆どが牛)で作られたガットの事です。


人工的に作られたものが天然と同じフィーリングって???


来る日も来る日も考えていました。


考えて何年たったのでしょうか。


ようやく「こうだ!!」と言う明確な説明が出来るようになりました。


時間かかりましたよ。だってそうでしょ。


ポリエステルのガットって耐久性はあると言うけど


ボールは飛ばない、ガットは伸びやすいし、肘・手首に非常に負担がかかる。


一方、ナチュラルガットは雨にも弱く耐久性は良くないけど


打球感は最高、テンションキープ率は良い、バウンドしてからのボールの伸びは最高、肘・手首に負担がかからない。


これだけ真反対のガットなのに何故、世界のプレーヤーはフィーリングが一緒だと言ったのか???



考えてみて下さいませ。



<ショップ&日々の活動が気になる方はコチラに登録してくださいね。>

メルマガ配信中
http://www.comty.biz/stm_regist2/index.php?SMCD=0000010952

<質問、相談はコチラ>
tspot_10th@yahoo.co.jp

<ジャック様の声を聴きたい人はこちらから>
毎週木曜夜 7:30~
番組タイトル 「だらず者」
http://www.simulradio.jp/

お買い物はこちら
http://www.compy-town.jp/store_detail.php?scd=0000010952


スポンサーサイト
プロフィール

JACK店長

Author:JACK店長
田中 貴史(たなか たかふみ)

職業
ストリンガー&RSA(ラケット・ストリングアドバイザー)

テニス
世界四大大会の全仏・全豪オープンにストリンガーとして参加。

参加するだけに止まらず、ガット張りの技術が評価され、プレーヤーから支持を受ける。

中でも、世界ランキング2位のM・チャンからは完全指名で彼のラケットを担当する。

後に日本でも話題となり、NHKテレビ「青春探検」でドキュメントとして取り上げられる。

その後、様々な大会でストリンガーとして参加し、最高のパフォーマンスを演出させる裏方として活躍した。

こうした活動と平行してTV、ラジオ、新聞での露出を積極的に取り組み、ストリンガーのステータスをアピールしてきた。

2001年にステータスの証であるガット張専門店「ストリングハウス ティースポット」をオープン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。