FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨降ってます。

ラケットの適正テンションについて少々。

最近よくある質問ですが、ラケットに表示されている適正テンションにこだわっている方が多い様に感じます。

メーカーの定めた適正テンションは無視してもよいのでわ・・・

その昔、ガットを張るノウハウをマスターしていない人達が、次々と新品のラケットを折ってしまいました。

最終的にはメーカーに保障しろと騒ぎ立てた事もあったそうです。

テンションと言うものは、

プレーヤーが使用するラケットをどのように扱いたいのか

で決めることであり、

実際にそのテンションで張り上げることが可能かどうか

のラケットコンディションを見極めるのがストリンガーとしての役目なのです。

ラケットのコンディションを見極めることが出来なければストリンガーとは言えませんね。

プレーヤーのラケットを預かり、ガットを張っている最中にラケットが折れるという事は、

明らかにストリンガーのミスではないでしょうか。

僕が張らしていただいたプロプレーヤーの方でも

適正テンション以上で張っている方、適正テンション以下で張っている方が沢山います。

テンションはプレーヤーの方が決めて下さいね。そのテンションにしっかりと対応し、アドバイスできる方が

真のストリンガーです。

ガットを張っている皆さん!!

張っている最中にラケットを折ってしまったら、直ちに弁償してあげて下さいね。


スポンサーサイト
プロフィール

JACK店長

Author:JACK店長
田中 貴史(たなか たかふみ)

職業
ストリンガー&RSA(ラケット・ストリングアドバイザー)

テニス
世界四大大会の全仏・全豪オープンにストリンガーとして参加。

参加するだけに止まらず、ガット張りの技術が評価され、プレーヤーから支持を受ける。

中でも、世界ランキング2位のM・チャンからは完全指名で彼のラケットを担当する。

後に日本でも話題となり、NHKテレビ「青春探検」でドキュメントとして取り上げられる。

その後、様々な大会でストリンガーとして参加し、最高のパフォーマンスを演出させる裏方として活躍した。

こうした活動と平行してTV、ラジオ、新聞での露出を積極的に取り組み、ストリンガーのステータスをアピールしてきた。

2001年にステータスの証であるガット張専門店「ストリングハウス ティースポット」をオープン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。