スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とあるメーカーの策略

少し前に僕の悩みがまた一つ解決しました。

この仕事を初めて間もなく、僕は特許商品を開発しました。
まだ駆け出しでした。

あるひらめきをメーカーの営業マンにお話ししました。

凄い提案だねと大絶賛されました。

当時はまだインターネットというものがなく、調べ物は書店か図書館。

急いで最寄りの書店へ。

僕の今のブログを見て下さっている方はご存知かと思いますが、僕は学力は非常に低いですので文字だけの文章を読み上げるのには大変苦労しました。

待っていろよ!俺の特許ちゃん

しかしどうでしょう。。。。

数か月後、メーカーの新作展示会に行ってみたら。。。

なんと!!
僕の提案したものが商品化され、
新製品として皆さんに紹介されているではありませんか!!!!

すかさず僕はメーカーの方に噛み付きました。
俺の提案じゃないか!?

メーカーの方はあっさり
すいません。

結局、当時のラケット3本送ってきておしまい。

億万長者になり損ねた僕は豪遊することなく今現在に至ります。(笑)

今となってはいい経験ですね。

そんなやり取りがありながら今も商品を仕入れたり販売したりでお付き合いさせてもらっているメーカー。

そんなメーカーの策略がようやく見えてきました。

今や1000億企業と言われている量販店。
そして彼ら(とあるメーカー)は約400億前後。

彼らは自社を1000億企業に持ち上げたい。。。

と気付いたのです。

1000億に到達させるにはかなりの企業努力が必要ですよね。

最短で到達するには、
僕たち小売店を切り捨てればいいだけなんですけどね。

でも企業には勇気がないのでしょうね。

今までが小売店に依存してきた分切り捨てると。。。。

小売店を敵にまわしてしまう。。。

彼らは目に見えない売上減少という恐怖と戦っているとでも言いましょうか。

僕の尊敬している人が言っていました。

捨てたら次が拾えると。

その企業、捨てることが出来なければ1000億の企業にはならないでしょうね。

1000億企業、素晴らしいと思います。

創立者はもう退いています。

自分なりのやり方でブランドを残していけば良いだけなんですがね。

捨てる勇気です!!

メルマガ配信希望の方はコチラからお願いしますね。

http://www.comty.biz/stm_regist2/index.php?SMCD=0000010952








スポンサーサイト

環境編

皆さんおはようございます。

先日は、コーチングについて少し書き込みました。

今回は環境について書き込みたいと思います。

そして環境の問題は2パターン説明します。

<パターン1>
環境といっても、人間が生きていくための環境ではなく、各スポーツにおける環境のことです。

僕のショップに来店される方にも多数存在しますが、

環境が整っていない

と言っておられます。

本当なんでしょうか?

申し訳ないですが、そのような事を口にしている9割以上の方はプレーヤーとして周りから評価をされていません。

そして、自分自身の課題を見つけようとせず、何かしら他人からの評価をほしがっています。

もっとハードな練習をしたいからチームを紹介してくれ!

とか言ってきます。

ひどい時には

こいつらと打っても練習にならん!!

と言ってチームを去って行った方もいました。

他力本願な人間とはお付き合いを避けたいもんですね。

<パターン2>
次のパターンは自己満足おバカちゃん。

これは他人の努力を認めない方のことです。

あの人が出来たのなら自分にも出来る!

という方ですね。

言ったもん勝ちなので確かにできますがクオリティーは?

僕の周りでもたくさんいますね。

ストリンガーの世界でも大勢。ホームストリンガーがその典型的な例ですね。

趣味の世界でやっていて俺は凄いと言わんばかりにネットを使い好き放題書き込んでいる。

はっきり言ってダサいですね。

目に見ない環境でどれだけの方が真剣に取り組んでらっしゃるのかって考えたら、一生懸命になってる方たちが本当にかわいそうです。

ホームストリンガーに関しては日本のストリンガー界における今までの取り組みが影響しているのですが・・・。

素直に認めるところを認められない人達・性格、まだまだ訴えたいことは山ほどありますね。



コーチング

少し前に書き込んだことをもう少し掘り下げてみました。

今回は
コーチングについて。

少し前かにとある方がこんな事を言っておられました。

「日本のコーチは世界のコーチから教わったことをプレーヤーに伝えていない!」

と。

その通りだと思います。

何故その通りと断言できるのかというと、そのある方が、日本のトップといわれるコーチの集いに参加させてもらった時の事を聞いたからです。

ある国の指導者がゲストで招かれました。

そして事細かく指導してくださったそうです。

しかし実践となると全く持って言っていることをマスターできていなかったそうです。

そして自分たちが出来なかったことをプレーヤーに教えることが出来ないという考えなのでしょうね。

せっかく教えてもらう機会があったにもかかわらず、結局はプレーヤーに伝えられないという始末。

そしてコーチの皆さんは、そのことには触れずに自分の都合のいい様にこなしてしまう。

ちょっと残念ですね。

テニスに関して言えばこの2・3年でプレースタイルが変化してきています。

この変化は、実は日本人にとって非常に有利になると思っています。

小柄な体系でも勝つことが出来るということです。

しかし残念なことに、組織の一員としての動きばかりが目立ってしまい正真正銘の

勝ち

に対する意識が遠のいている。

おそらく自分の置かれた立場ではなく今言う自分の地位を必死に守ろうとしているような気がしてなりません。

みんなもっと柔軟な頭を持ってほしいものですな。

話は変わりますが、今日は僕のストリングマシーンについて質問されてくるお客様が大勢おられました。

なんだか変わった一日でしたね。
プロフィール

JACK店長

Author:JACK店長
田中 貴史(たなか たかふみ)

職業
ストリンガー&RSA(ラケット・ストリングアドバイザー)

テニス
世界四大大会の全仏・全豪オープンにストリンガーとして参加。

参加するだけに止まらず、ガット張りの技術が評価され、プレーヤーから支持を受ける。

中でも、世界ランキング2位のM・チャンからは完全指名で彼のラケットを担当する。

後に日本でも話題となり、NHKテレビ「青春探検」でドキュメントとして取り上げられる。

その後、様々な大会でストリンガーとして参加し、最高のパフォーマンスを演出させる裏方として活躍した。

こうした活動と平行してTV、ラジオ、新聞での露出を積極的に取り組み、ストリンガーのステータスをアピールしてきた。

2001年にステータスの証であるガット張専門店「ストリングハウス ティースポット」をオープン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。